水虫は自覚症状がなく、自分が水虫だと気づいていない人はかなり多いといわれております。放っておくと悪化し患部が広がって症状が悪化することがあります。ですから早めに治療が大事なんです。

水虫に気を付けたい足の画像

ケラチナミンで水虫治療?入浴の際は念入りに足を洗う

水虫は白癬菌という真菌の1種が、皮膚の角質層に入り込む事で起こる、皮膚感染症の1つです。
真菌はカビの仲間なので、そのまま放置していると、どんどん増殖しています。
自分の皮膚でカビが増え続けると聞くと、気持ち悪さを感じるでしょう。
水虫は1度発症してしまうと、自然に回復するという事はありません。
ですので、水虫のような症状を感じたら早めに皮膚科を、受診する事がおすすめです。
症状としては強い痒みや、皮膚のめくれ・ジュクジュク感・小さな水泡などが挙げられます。
受診し白癬菌に感染していないかどうかの検査をし、もし白癬菌がいた場合は抗真菌薬での治療が始まります。
抗真菌成分を配合した外用薬を、処方されるケースがほとんどです。
また、クリニックによってはケラチナミンを処方する場合もあります。
ケラチナミンには尿素が含まれており、皮膚を柔らかくするするのが特徴です。
かかとなど皮膚が硬い部分に白癬菌が感染していると、抗真菌成分が浸透しにくいのでケラチナミンで、皮膚を柔らかくする治療も同時に行います。
ただ、ケラチナミン単体だけで白癬菌を死滅させる事は出来ないので、この点は注意しましょう。
ケラチナミンはドラッグストアでも、手に入る市販薬です。
クリニックでも処方される事もある、ケラチナミンで水虫対策したいと思ってしまいがちですが、ケラチナミンはあくまで皮膚を柔らかくする効果しかありません。
一緒に抗真菌薬を使用しないと、白癬菌を退治出来ないのです。
また、完治した後も皮膚を不衛生にしていれば、また水虫を再発してしまう恐れがあります。
入浴した際は白癬菌が付着しやすい、足の裏と指の間は念入りに洗い、水虫の再発を防ぎましょう。