水虫は自覚症状がなく、自分が水虫だと気づいていない人はかなり多いといわれております。放っておくと悪化し患部が広がって症状が悪化することがあります。ですから早めに治療が大事なんです。

水虫に気を付けたい足の画像

塗るタイプの新薬で難しかった爪水虫の除菌が楽々!

水虫治療というと、足の患部にクリームや液状の薬を付けて治そうとするイメージがあるのではないでしょうか。
水虫治療の内、足に発症する水虫(足白癬)はそのようなクリームや液状の抗真菌剤を塗ることで、角質内で繁殖してしまった白癬菌というカビの仲間を除菌し、症状を抑えていくという方法が取られています。
それに対して、爪に発症する爪水虫(爪白癬)は、爪に白癬菌が感染し、爪の色が混濁したり分厚くなる症状が出るものですが、従来は飲み薬での治療が基本となっており、飲むタイプの抗真菌剤には全身に影響が出る副作用があるなどの問題もあったので、厄介な病気とされていました。
ところが、爪水虫への治療効果が期待出来る新薬が2014年に発売されてから、爪水虫に悩まされている患者さんたちもそれまでと比べて楽に治療が出来るようになりました。
その新薬とはクレナフィン(有効成分名はエフィナコナゾール)といい、キャップにハケの付いたボトルに入った液状の抗真菌剤となっています。
この新薬の使い方は、1日1回爪白癬を発症している爪全体に塗るという方法で、爪に繁殖しているトリコフィトン属の真菌を除菌し、症状を改善させていくというものになります。
この新薬は塗るタイプなので誰にでも使いやすく、副作用が起こるとしても薬を塗った爪の周りの皮膚に皮膚炎や水疱などが出るという位で済むため、体調を悪化させることなく爪水虫が治せることが魅力です。
また、従来の飲み薬では、他の薬との飲み合わせに気を付けなければならない不便さがありましたが、塗るタイプの新薬ではその心配が無いので、他にも薬を飲んでいる患者さんやお年寄りでも使いやすい薬となっています。
爪水虫は放っておくと、爪が肥厚して靴を履いた時に痛くなったり、他の人にうつす危険性もありますので、早めに皮膚科で診察を受けて新薬での治療を行うと良いでしょう。