水虫は自覚症状がなく、自分が水虫だと気づいていない人はかなり多いといわれております。放っておくと悪化し患部が広がって症状が悪化することがあります。ですから早めに治療が大事なんです。

水虫に気を付けたい足の画像

水虫の市販薬であるラミシールの効果

ラミシールとは、水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)の増殖を抑え殺菌することで、水虫などの皮膚疾患に効果を発揮する抗真菌薬です。テレビCMなどで名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。医療用のラミシールと同じ成分の「テルビナフィン塩酸塩」を配合された外用薬は、スイッチOTC医薬品として市販もされています。

白癬菌は角質や爪の成分であるたんぱく質のケラチンに寄生し、増殖します。この白癬菌は、実は足以外にも爪や頭皮、胴体にも寄生することがあり、症状があらわれる部位によって「爪水虫」や「頭部白癬(しらくも)」、「たむし」とその病名が変わります。ラミシールはこれら白癬菌が原因であるすべての皮膚疾患に有効な薬です。また白癬菌以外の真菌が原因で起こる感染症にも効果があります。

ではテルビナフィン塩酸塩は、どのようにして白癬菌などの真菌を抑制しているのでしょうか。まず、白癬菌は真菌(カビ)の一種ですが、真菌の細胞にはヒトの細胞と同じように細胞膜が存在します。ヒトの細胞膜はコレステロールによって構成されていますが、真菌の場合、細胞膜はエルゴステロールというコレステロールに類似した別の成分によって構成されています。テルビナフィン塩酸塩は、このエルゴステロールの生成を阻害することで、ヒトの細胞膜には影響を及ぼすことなく真菌のみを死滅させることができるのです。

このように真菌に対して強い殺菌効果を持つラミシールですが、医薬品であるため副作用を生ずることがあります。外用薬での主な副作用は、皮膚のかぶれや刺激感、発疹、かゆみなどです。しかしクリームなどの外用薬は内服薬に比べ副作用も少なく、からだにかかる負担も少ないとされています。

市販されているラミシールはすべて外用薬で、クリームと外用液(ローション)、スプレータイプがあります。クリーム以外にもローションやスプレーがあるので、頭部白癬にも使用しやすくなっています。1日1回の使用で効果が期待できますが、症状が治まった後も数ヶ月は継続して塗布することが重要です。水虫など真菌が原因で起こる皮膚疾患は、完全に菌を死滅できていないと再発することが多いためです。また使用のタイミングは、角質が柔らくなっているお風呂上りが浸透がいいのでおすすめです。

人目が気になって病院に行くことをためらっているひとも、薬局で購入できるラミシールを一度試してみてはどうでしょうか。