水虫は自覚症状がなく、自分が水虫だと気づいていない人はかなり多いといわれております。放っておくと悪化し患部が広がって症状が悪化することがあります。ですから早めに治療が大事なんです。

水虫に気を付けたい足の画像

爪水虫や角質増殖型には塗り薬より効き目が高い飲み薬

水虫は、種類によって薬は変わってきます。
一般的な足水虫を治療するために使われるのは、塗り薬です。
患部に直接塗ることによって、高い効き目を発揮することができます。
爪が変形したり厚くなる爪水虫には、塗り薬ではなく飲み薬が使われます。
飲み薬が使われる理由は、塗り薬では効き目が薄いからです。
患部となる爪に薬を直接塗っても、有効成分が直接届きません。
原因となる水虫菌にまで届かないので、効き目を期待することはできないのです。
飲み薬を使うと、有効成分が身体の中を通って患部にまで届けられます。
内側から原因となる水虫菌に作用するので、塗り薬よりも高い効き目を期待できるようになります。
ですから、爪に症状があらわたときには、医師は塗り薬ではなく飲み薬を処方するのです。
しかし、爪に症状が現われたとき以外でも、飲み薬が使われることはあります。
足水虫でも角質の奥深くで菌が増殖する角質増殖型の場合は、塗り薬ではありません。
塗り薬では有効成分が作用しにくく効き目がないので、身体の内側から作用する飲み薬が使われます。
このように同じ水虫でも、患部の場所やタイプによって使われる薬は違ってきます。
患部の場所やタイプによって選ばなければ、効き目を感じられずいつまで経っても治療することはできません。
また、水虫の治療で使われる薬にも、副作用は存在しています。
肝機能障害がある方や他の薬と併用する場合、妊娠中の女性や高齢者などは、飲み薬を飲むときは注意しなければいけません。
ドラッグストアなどで気軽に購入できますが、安全のために一度医師の診察を受けると良いでしょう。
医師の診察を受ければ、症状に効き目のある種類を選べて、安全性も高めることができます。