水虫は自覚症状がなく、自分が水虫だと気づいていない人はかなり多いといわれております。放っておくと悪化し患部が広がって症状が悪化することがあります。ですから早めに治療が大事なんです。

水虫に気を付けたい足の画像

足の水虫はオロナインで完治できる?

発症してしまうと恥ずかしい皮膚病として、水虫は有名です。
中高年の男性がなりやすいというイメージや、他人に移してしまう事があるなどの理由で、水虫になってしまうと恥ずかしいと思ってしまう方も少なくありません。
ただ、恥ずかしいからといって、そのまま放置していても回復する事はありません。
それどころか、どんどん症状が悪化してしまうので、早めに対処しましょう。
水虫は白癬菌というカビの1種が、皮膚の角質層に感染する事で起こります。
特に足の裏や指の間は、白癬菌が付着しやすいという事もあり、水虫になりやすい部位です。
白癬菌に感染すると、痒みや皮膚がジュクジュクとただれたり、水疱が出来るといった症状が現れます。
このような症状を感じたら、水虫を疑ってみましょう。
もし、恥ずかしくて病院を受診するのに抵抗がある、忙しくて受診できないという場合は、市販薬を試してみるものおすすめです。
おすすめなのが、「オロナイン」です。
オロナインは切り傷などの改善に有効な市販薬として知られていますが、実は効能には水虫も記載されています。
怪我やあかぎれ、しもやけの効能もあるオロナインは、購入しても水虫のケアに使うとは、周囲には分からないでしょう。
市販薬を買うのも恥ずかしいという方は、オロナインを使ってみる事をおすすめします。
毎日、お風呂上りに症状が出ている所に、擦り込むように塗るのがコツです。
ケアを忘れないように、根気よく続ける事が大切です。
ただ、オロナインはジュクジュクとした水虫には効かないようです。
このような症状がある場合は、オロナインではなく皮膚科を受診して治療を受けましょう。
治療では白癬菌に作用する、抗真菌薬を使用します。